Menu

歯周病について

Home
歯医者 一般歯科 審美歯科 埼玉 行田

歯周病について

歯周病は、さまざまな病態、症状があり、全身的な疾患とも深いかかわりがあることも最近わかって きました。
このページでは、歯周病に関するさまざまな情報を発信していきたいと思います。

「歯周病」ってどんな病気?

歯周病は、ほおっておくと歯が抜けていく病気です

歯周病は、ほおっておくと歯が抜けていく病気です
歯周病は、歯の周囲の「歯肉」と歯を支える「骨(歯槽骨)」に起こる疾患です。
原因は、歯周病菌(プラーク)による「細菌感染症」ですが、生活習慣が大きくかかわっている
「生活習慣病」でもあります。
歯周病は、軽度~中程度の状態ではあまり症状がはっきり出ず、中程度~重度になり、
歯肉が腫れたり、歯が揺れてものが噛めないなどの症状が出て初めて歯科医院を訪れる方が
多くみられます。

歯周病の初期は、歯肉に限局した炎症の「歯肉炎」からはじまります。
これが進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けてなくなっていく「歯周炎」に移行し、
最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

*歯周病は以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていましたが、これは「歯ぐきから膿みが出る」
 症状を指し、この他にも様々な症状があることから「歯周病」と呼ばれるようになりました。

健康な歯肉の状態を覚え、自分の歯肉を観察してみましょう

健康な歯肉の状態を覚え、自分の歯肉を観察してみましょう

健康な歯肉の特徴は

・健康的なピンク色をしている
・歯と歯のあいだの歯肉が三角形にとがった
 形をしていて引き締まっている
・ブラッシング時に容易に出血しない

などがあります。
まずは、ご自分の歯肉の状態をカガミで観察
したり、ブラッシング時の出血の有無などを
確認してみてください。
ほとんどの歯肉が上記の状態であればほぼ問題ないでしょう。
しかし、奥歯のほうや内側は、よく見えませんので歯科医院での定期的なチェックは 必要です。

歯肉炎

歯肉炎
 「歯肉炎」は、「歯周病」の初期に見られる症状で、「歯肉に限局した炎症」です。特徴としては

・歯と歯ぐきの境目の歯肉が赤く腫れる
・ブラッシング時に容易に出血する
・口臭がする

などです。
歯肉炎の状態では、「痛い」などの症状がほとんど出ないため、日常では気づかないで
過ごされている方が多いと思います。
この段階では、歯を支えている骨(歯槽骨)には炎症は広がっていない状態です。
この場合は、正しいブラッシングと歯科医院で歯石除去とクリーニングをすることで元の歯ぐきに
改善される場合がほとんどです。  

歯周炎(中程度)

歯周炎(中程度)
「歯周炎」は、「歯肉炎」が進行し、
「歯肉だけでなく歯を支えている骨(歯槽骨)にまで炎症が波及している状態」です。
特徴としては「歯肉炎」の症状に加え、

・歯を支えている骨が溶けていくため、その上を覆っている歯肉が下がり、歯が伸びたように見える
・歯肉を押すと膿みが出る
・歯と歯の間の隙間が空いてきたため食べ物がはさまる
・硬いものを食べるときに力が入らない感じがする
・歯が揺れてくる
・前歯が以前より「出っ歯」になった感じがある
・口臭が強くなる
・冷たいもの、熱いものにしみる

などです。

このような症状が出ている場合は、歯周病がある程度進行している場合があります。
早急に歯科医院で、治療を受けましょう。
一度溶けてしっまった骨を元に戻すことは非常に困難になりますので、いかに日常生活に支障がない
状態で維持していくかがポイントになってきます。

治療法としては、

・正しいブラッシングをすること。
・食生活や喫煙の見直し。
・歯石除去。
・場合によっては歯周外科処置。

などがあります。

歯周炎(重度)

歯周炎(重度)
「歯周炎」の重度になると、歯を支えている骨(歯槽骨)の半分以上が溶けてしまっている
状態になります。
特徴としては「歯肉炎」、「歯周炎の中程度」の症状に加え、

・歯の揺れが激しくなり、うまく食べ物を噛み砕くことができない
・頻繁に歯肉が腫れ、膿みが出る

などです。

このような症状が出ている場合は、歯周病がかなり進行している可能性があります。
歯周病の重度の状態になると、抜歯をしなければならない場合も多くなり、治療をしても長期間安定
させることが困難になります。
また、抜歯の対象になるような歯を放っておくと、「腐ったみかん」のように隣接する歯にも歯周病が
波及し、数本単位で抜歯しなければならなくなってしまいます。

*「歯周病」は、20歳以上の方の8割が少なからず罹患していると言われています。
 そして、この病気は中程度以降にならないとはっきりとした症状が出ない場合が多く、「沈黙の病気」
 とも言われています。
 そのため、みなさんがご自分のお口のことにどれだけ関心があり、日々観察しているか、歯科医院で
 定期検診を受けているかが「早期発見、早期治療」の要になります。

歯周病チェックリスト

歯周病は初期から重度に至るまで病態に幅があります。
それにともなってさまざまな症状が現れます。
以下のチェックリストの中で当てはまる項目が多いほど歯周病が進行している可能性があります。
まずは、自分自身のお口の状態を観察してみましょう。1つでも当てはまる場合は歯科医院を受診
されること勧めします。


*歯みがきの時、歯ぐきから血が出る
*歯ぐきのフチが赤い
*歯石がついている
*歯ぐきが腫れぼったい
*冷たい物や熱い物が歯にしみる
*歯と歯の間に食べ物がよくはさまる
*朝起きた時、口がネバネバする
*家族などに口臭がすると言われたことがある
*歯がのびてきたように見える
*前歯が離れて、前に出てきた
*歯並びが変わってきた
*歯が揺れてきた
*硬い物が噛みにくくなった
*歯ぐきを押すと白いウミが出る
*糖尿病を患っている

まず、歯周病の状態を把握するためにいくつかの検査を行います

1)レントゲン検査

 「歯周病」は歯を支える骨(歯槽骨)と歯肉の病気です。
 特に、骨の状態は見えませんので、レントゲン撮影を行います。
 レントゲンの映像では、骨がどれだけ溶けてしまっているかだけでなく歯石の付着状態や
 虫歯の有無や程度なども観察することができます。
レントゲン検査
2)歯周組織検査

  歯周組織検査では、以下の項目の検査を行います。

 ・歯周ポケット(歯と歯肉の境目の溝)の深さの測定
 ・歯の動揺の程度
 ・歯垢(ぷラーク)の付着状態

当院では、検査の結果をすべてコンピュータ(デンタル・テン)に入力し検査結果を印刷して
患者様にお渡ししています。

歯周組織検査
3)口腔内細菌顕微鏡検査

 歯周病治療の基本は、どれだけ口腔内の歯周病菌を減らせるかにかかってきます。
 ただ、患者の皆さんには歯周病菌と言われてもイメージがつきづらいと思います。

 そこで、当院では歯周病菌などの口腔内細菌をリアルタイムに映し出す「位相差顕微鏡」を導入して
 います。
 直接口腔内のプラークを針の先ほど取り、その場で顕微鏡にかけます。

 すると、小さな細菌から大きな細菌、激しく動き回る細菌など様々な細菌が観察されます。
 特に、激しく動き回る細菌は歯周病菌に多く見られ、なおかつ毒性の強い細菌です。

 これらの細菌を直接見ていただくことによって、「細菌を減らす」イメージを持っていただきたいと
 思っています。
 そして、歯周病が改善してくるとこれらの細菌も減っていく画像がみられます。

口腔内細菌顕微鏡検査
自費料金はコチラ >>>
▲PAGE TOPへ

Tooth Whitening(トゥースホワイトニング)

「adobe pdf」が見れない場合は
コチラをクリックしてください >>>