ORTHODONTIC

歯並びを整えて一生健康なお口に

歯並びの乱れは全身の健康の乱れ

歯並びが乱れていると、見た目や発音に影響が出るだけでなく、歯磨きが上手くできないことから虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、噛み合わせが正しくないことで、肩凝りや頭痛などの全身の健康に影響を及ぼす場合もあります。
矯正は子どもが行う治療と思っている方も少なくないですが、矯正の開始時期はいつでも問題ありません。歯並びが気になる方は、ぜひご相談ください。

お悩み別の矯正方法

歯並びの矯正には様々な方法があり、一般的なワイヤー矯正のような見た目ではない、目立たない矯正もあります。どんなお悩みを抱えて歯並びを正したいと思ったのか、矯正期間中に心配なことなど、様々な意見を取り入れて、一人ひとりに適した矯正方法をご提案いたします。

咬合誘導法

不正咬合の原因には、「遺伝的要因」と「環境的要因」があります。子供の顔が親の顔に似るのは顎の形などの骨格が似ている(遺伝的要因)からで、少なからず歯並びもその影響を受けています。
しかし、その反面、顎の成長は顔面周囲の筋肉の影響も受けており、筋肉は生まれた後の環境に左右されやすい(環境的要因)ので両親の歯並びはきれいなのに、お子様に不正咬合が見られた場合は生活習慣や癖が筋肉に悪い影響を及ぼしている可能性があります。

  • メリット

    • 顎の成長に合わせて矯正ができる
    • 顎に歯が並ぶスペースを確保できる
    • 永久歯がきちんと生えそろった状態で矯正が必要になった場合でも、矯正方法が比較的簡単で済むことが多い
  • デメリット

    • 保険が適応できないため自費診療である
    • 将来的に他の矯正を併用する必要が出てくる可能性がある
    • 症例によっては満足できる効果を得られない場合がある

マウスピース矯正

従来の矯正はブラケットを使用しておりましたが、マウスピース矯正で治療すると目立たないため、矯正治療をしている事に気がつかれません。
製作にはコンピューターを使用しますので、とても正確に作られます。日常会話も問題なく、食事の時に取り外しができるため、ストレスがありません。
マウスピース矯正は比較的軽度の不正咬合で、3ヶ月~1年位で終了できるケースに用います。

  • メリット

    • 透明で装着していても目立たない
    • 取り外しが可能なため、食事や歯磨きがしやすい
    • 矯正装置の違和感が少なく、会話がしやすい
  • デメリット

    • 保険が適応できないため自費診療である
    • 症例によっては適応できない場合がある
    • 取り外し可能だが、長時間装着する必要がある

SH療法(Star Hill Therapy)(顎拡大療法)

SH療法は、「取り外し式の矯正装置」を使って顎を拡大し、歯並びを整えることを基本としています。 ただ、この療法は、お口の形態変化、歯並びの改善にとどまらず、全身的な機能の改善にも繋がることがわかってきました。当院ではSH療法を通してみなさんの全身の健康の改善・維持のお手伝いをしたいと考えておりますのでお気軽にご相談ください。

SH療法で得られる効果

その人本来の顎の大きさに拡大することで、抜歯をしない矯正を行うことができます。また、悪い噛みあわせが原因で起こる以下のようなさまざまな症状が緩和したり改善することがあります。

  1. 顎関節症(アゴがガクガクする、口が大きく開けられない、食事でアゴが痛くなるなど)の改善
  2. 睡眠時無呼吸症候群の改善と予防
  3. 虫歯、歯周病の予防
  4. 顎が狭いことによる 鼻づまり、発音障害の改善
  5. 歯並びが悪いために起こる頭痛、肩こりなどの改善
  6. 歯並びが悪いことによる心理的影響の改善

SH療法のメリット・デメリット

  • メリット

    • 抜歯せずに矯正することができる
    • 取り外しが可能なため、食事や歯磨きがしやすい
    • 年齢に関係なく歯を動かせる
    • ワイヤー矯正やマウスピース矯正よりも比較的安価である
  • デメリット

    • 保険が適応できないため自費診療である
    • 症例によっては適応できない場合がある
    • 取り外し可能だが、長時間装着する必要がある
ページトップへ